スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糸切れ(>_<)

2012/04/02 Mon

縫い合わせに使っている、デュアルデューティーART260の糸を切らしてしまいました。

いつも気がついたときに余分に買っておくのですが、いつのまにか使い切ってしまったようです。
確か持っていたよなあ、と思っていた材料を使い切ってしまっていたことに気づくことが最近多いです。
縫い糸だけではなく、刺繍糸や縫い針…
それだけ制作数が増えたという証拠なのでしょう。

家探しして、昔間違えて買ってしまった、同じデュアルデューティーの、ART210を見つけたので代用してみましたが、やっぱりキルト用の260じゃないと使いにくくて仕方ないです。
ぐいっと力を入れて引くので、すぐに糸が擦り切れてしまいます。
引いたときにちょっと伸びるような糸の感じも気になるわあ、ということでやっぱり使用断念です。

明日買いに行こ…(-_-)

テディベアを作り始めたばっかりの頃は、手芸店にならぶカラフルなデュアルデューティーの糸を見て、
「テディベア作家になったら全色そろえて、モヘアによって縫い糸の色も使い分けたいなあ~」
と夢を見ていたものでしたが(笑)、結局生成り、黒、茶の3色に落ち着いてます(^_^;)

それにしても、忙しさに紛れて乱雑になりがちなクマ作業棚、在庫管理のためにも引き出しなど買って、すっきりわかりやすく整頓したいです。

コメント

Secret

こんばんは^^

HARU factoryハルです^^コメントありがとうございました!
もちろん憶えておりますよー^^会場でブースに足を止めてくださってすごく嬉しかったんです。ずっとひそかにブログへおじゃまさせていただいていた作家さまだったので。。。ドキドキでした!
これからもおじゃまさせてくださいね♪コメントも図々しくさせていただくと思います^^;

デュアルデューティーART260、わたしも愛用しています。Gutermannのポリエステル糸とか色々試してみましたが、やっぱりこれが一番使いやすいです^^丈夫だし、縫っているうちに糸が寄れて絡まってしまうこともないし。
もっとカラーが色々あればいいんだけど。。。もともとキルティング用だから仕方ないのかな^^;

Re:ハルさま

こんにちは^^コメントありがとうございます^^
恵比寿のベアすてきでしたー。
小さい子たちも抱っこすればよかったな、と帰ってからずっと心残りでした。

私は通っていたお教室ですすめられてから、デュアルデューティーばっかりです。
そして、生成りの糸でかなり幅広いカラーモヘアに対応してしまっています(^_^;)
しっかり、細かく縫えば大丈夫、と信じて…

ベア作り楽しいですよね、いつか色々お話できたら、と思っています^^
ever after

ever after Teddy Bear

Author:ever after Teddy Bear
テディベア作家です

少しリアル、少しファンタジックに…
大好きな絵本の世界から抜け出たようなベアを目指して、日々奮闘中です

クマ出没情報

●7月13日(土)・14日(日)テディベアwith friendsコンベンション@東京国際フォーラム たくさんの方にお越しいただきありがとうございました

●11月20日~12月3日 池袋西武Bear Labo キツネだらけの展示会です!

●ほか、日程が決まり次第順次追記します

●そのほかベアに会えるところ→清里「テディベアメイフェア」、神戸「タイムロマン」

●作品のみご覧になりたい方は、カテゴリの「works作品紹介」をクリックしてください

FC2カウンター
カレンダー+最終更新日
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
電力使用状況&電気予報ブログパーツ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。