スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリッジの思い出

2012/06/06 Wed

私は胃が弱いので、ちょっとした身体の不調がすぐ胃にきてしまいます。
ここのところ朝から胃が重たい感じなので、朝食をポリッジというオートミールのおかゆにしてみています。

さっぱりならオートミールをお湯で煮ます。
これじゃあもの足りないわ、という人は牛乳で煮ます。
これにフルーツ(バナナがおすすめ!)やナッツをトッピングしたり、はちみつやメープルシロップなどで味付けしていただきます。

私はお湯と牛乳を1:1の分量で煮て、トッピングはなし、メープルシロップでいただいています。
とろみのあるポリッジと、ほんのりとしたミルクとメープルの甘みでお気に入りです^^
お米のおかゆよりも満腹感があります。


ポリッジは12年前、胃の病気で療養中の頃に、ときどき作って食べていました。
お昼ごはんや、ちょっと遅く起きた朝ごはんなどに作っていたことが多かったのですが、ある日ポリッジを作っていると、祖父がお昼を食べに台所にやってきました。

何を作っているか聞かれたので、オートミールを煮ているんだよ、と答えると、意外にも
「懐かしい」という祖父。

おじいさん、こんな外国のもの食べたことがあるのか!と驚いていると、
「ロシアにいるときによく食べたなあ」と言います。

ロシアにいるときと言うと、戦時中、祖父が捕虜として拘束されていた時期のことです。
戦時中の食べものは、大体のお年寄りはあまり食べたがらないのですが、「懐かしい」と言うので、「ひと口食べてみる?」と、ほんの少し、小皿によそってあげました。
あんまり記憶にないけれど、はちみつか何かかけたかなあ。

すぐには手をつけず、じっと見ているだけだったので、やっぱりいやだったかな、と思っていると、食べてくれました。

「ロシアで食べたのは、冷たくて味もしなかったけれど、これは温かくて甘くて、うまいねえ」


戦時中の話はほとんどしたがらなかったおじいさん。
私が聞いた唯一の祖父の戦争の記憶でした。


コメント

Secret

ever after

ever after Teddy Bear

Author:ever after Teddy Bear
テディベア作家です

少しリアル、少しファンタジックに…
大好きな絵本の世界から抜け出たようなベアを目指して、日々奮闘中です

クマ出没情報

●7月13日(土)・14日(日)テディベアwith friendsコンベンション@東京国際フォーラム たくさんの方にお越しいただきありがとうございました

●11月20日~12月3日 池袋西武Bear Labo キツネだらけの展示会です!

●ほか、日程が決まり次第順次追記します

●そのほかベアに会えるところ→清里「テディベアメイフェア」、神戸「タイムロマン」

●作品のみご覧になりたい方は、カテゴリの「works作品紹介」をクリックしてください

FC2カウンター
カレンダー+最終更新日
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
電力使用状況&電気予報ブログパーツ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。