スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きつねの(なまえの)はなし

2012/10/20 Sat


※この子は26日から銀座ハンズにお邪魔するカツラちゃん。

あんまりつっこまれたこともないし、イベントなどでも少しのかたにしかお話したことがないのですが、きつね達には植物の名前をつけています。

赤いキツネの「あずき」ちゃんを名付けたときから、そうだ、実のなる植物の名前にしよう!
と思ってずっと名付けてきたのですが(ギンタだけは別)、制作当初はこんなにハイペースできつねが誕生するとは思っていなかったので、早くもストックがなくなりそうな感じ…。

実がならなくても、植物の名前は付け続けたいなーと思っています。
植物図鑑とかは持っていないので、カツラちゃんの名づけをするためにちょっとネットで検索してみたら…
いやー語感のいい名前、たくさんありました。

驚いたのは寒椿や山茶花の名前。
バラみたいにたくさん品種があるのですね!
しかも和のお花だからか、名前がかっこいいの。
カラジシだとか、イナヅマ、ムサシノ…オニキリマルなんていうのも!
かっこいい~すてき~と思ったものは全部書きとめて、今後きつねに名前をつけるときに使っていきます^^

あまりにもかっこいいお名前は子ギツネには似合わないから、ごんタイプの子に付けたいな。

以前、ベアがいまに近いお顔になったときに、クラシックでちょっぴりヨーロッパ風だね、と言ってもらえたことがあってから、ベアたちには外国名を与えていますが、きつねは和名でいきたいのです。

制作のきっかけになったのが新美南吉の童話というのもありますが、洋物童話に出てくるちょっとずるがしこくいじわるなきつねより、日本の童話に出てくるような、いじらしく懸命に生きているきつねを表現したいというのがあるからです。

だから今回のようなちょっと変な名前の子でも、ウイッグのカツラとは思わずに、植物の桂だと思ってくださいねー。
今後もマサキだとかミズキだとか誕生するかもしれません^^

コメント

Secret

ever after

ever after Teddy Bear

Author:ever after Teddy Bear
テディベア作家です

少しリアル、少しファンタジックに…
大好きな絵本の世界から抜け出たようなベアを目指して、日々奮闘中です

クマ出没情報

●7月13日(土)・14日(日)テディベアwith friendsコンベンション@東京国際フォーラム たくさんの方にお越しいただきありがとうございました

●11月20日~12月3日 池袋西武Bear Labo キツネだらけの展示会です!

●ほか、日程が決まり次第順次追記します

●そのほかベアに会えるところ→清里「テディベアメイフェア」、神戸「タイムロマン」

●作品のみご覧になりたい方は、カテゴリの「works作品紹介」をクリックしてください

FC2カウンター
カレンダー+最終更新日
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
電力使用状況&電気予報ブログパーツ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。