スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと読み終えました

2010/11/03 Wed

今日も本の話題です。漫画ではありませんよ。
でも、漫画などのサブカル的なものから興味を持って読みはじめました。
「北欧神話」です。



漫画やゲーム、はたまた小説などで「オーディン」「ラグナロック(神々の黄昏)」「ヴァルハラ」などなどの単語を見たり聞いたりしたことはあっても、北欧神話から名前が来ているとは気づかずにいました。

きっかけは以前もちょこっと書いたことがありましたが、「ファイナルファンタジー(FF)」です。
私はこのゲームをしたことはないのですが、あんまり映像がきれいなのでゲーム画面を見るのは好きなのです。

それでこのFFに召喚獣というのが出てくるのですが、神話に出てくる神様の名前だったり、伝説のいきものだったりするものが多いので、じゃあオーディンもそうなのかなあ、と思ってネットで調べたのです。
それで北欧神話に登場する神様の名前だということもわかったのですが、それと同時に「ラグナロック」も北欧神話の重要な単語ということがわかり…がぜん読みたくなりました。

※どうして「ラグナロック(神々の黄昏)」という単語が気になるのかはちょっと割愛。
以前読んだ小説で、作戦名だったのがかっこよくて気になっていたのでした。


日本の神話と、ギリシア・ローマ神話は読んだことがありましたが、北欧神話は初めて読むので、児童書にしました。
といっても岩波少年文庫なので、中身は本格的です^^
人間味にあふれていて個性的な神様たち、巨人やこびとも出てきます。
「指輪物語」に通じるような指輪の話が一瞬出てきたり、永遠の若さを保つ金のリンゴが出てきたり、興味深いお話がたくさんありました。

気になったのは、悪役=オオカミだったこと。
わたしオオカミが好きなのでなんかちょっとかわいそうでした。

こういう神話などもイメージソースにして、作品に生かせたらまたおもしろいかもなあ、と、想像もむくむく膨らみました^^

コメント

Secret

ever after

ever after Teddy Bear

Author:ever after Teddy Bear
テディベア作家です

少しリアル、少しファンタジックに…
大好きな絵本の世界から抜け出たようなベアを目指して、日々奮闘中です

クマ出没情報

●7月13日(土)・14日(日)テディベアwith friendsコンベンション@東京国際フォーラム たくさんの方にお越しいただきありがとうございました

●11月20日~12月3日 池袋西武Bear Labo キツネだらけの展示会です!

●ほか、日程が決まり次第順次追記します

●そのほかベアに会えるところ→清里「テディベアメイフェア」、神戸「タイムロマン」

●作品のみご覧になりたい方は、カテゴリの「works作品紹介」をクリックしてください

FC2カウンター
カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
電力使用状況&電気予報ブログパーツ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。