スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文庫本を買う。

2011/04/21 Thu

どこの国のものか、どんな内容かわからずに、ただヴァンパイアもの、というだけで観た「ぼくのエリ」。
劇場で観たかったのですが、こちらではやっていなかったのでDVDを借りました。

真っ白な雪に覆われた北欧の国。
静かな情景と、静かに始まる物語。
「ポーの一族」のようだ、と思いました。

「トワイライト」のように甘ったるくなく、「30デイズ・ナイト」のようにゾンビなんだか吸血鬼なんだかわからないようなものでもなく、「ブレイド」のようにアクション一辺倒でもなく。
(誤解しないでいただきたいのですが、私はトワイライトもブレイドも好きです)
こういう吸血鬼もの、待ってた、と感じました。

ただ映画の中では、その物語におけるヴァンパイアの定義だとか、登場人物の関係性がわかりませんでした。
どこの国の映画なのか知りたくてネットで調べているうちに、原作があることを知りました。
(ちなみにスウェーデンの映画でした)



小説を買うのは久しぶりです。
今考えていたけれど、「ダ・ヴィンチ・コード」以来小説は買っていなかったかもしれません。

原作者はスウェーデンのスティーブン・キングと呼ばれているそうな。
「ポーの一族」とキングの世界に共通しそうな点は見当たらないのですが、それでもこのエリというヴァンパイアが知りたくて読んでみることにしました。

ちなみに映画のほうはもうハリウッドリメイク版があって、8月に日本でも公開されます。
ハリウッドのことだから、スウェーデンの本家版よりもう少しスリリングに作ってあるんだろうなあ。
「ぼくのエリ」を一緒に観た相方は「ハリウッド版はもういいや」と言っていましたが、そう?
私はたぶん見ちゃうんだろうな、と思います。

コメント

Secret

ever after

ever after Teddy Bear

Author:ever after Teddy Bear
テディベア作家です

少しリアル、少しファンタジックに…
大好きな絵本の世界から抜け出たようなベアを目指して、日々奮闘中です

クマ出没情報

●7月13日(土)・14日(日)テディベアwith friendsコンベンション@東京国際フォーラム たくさんの方にお越しいただきありがとうございました

●11月20日~12月3日 池袋西武Bear Labo キツネだらけの展示会です!

●ほか、日程が決まり次第順次追記します

●そのほかベアに会えるところ→清里「テディベアメイフェア」、神戸「タイムロマン」

●作品のみご覧になりたい方は、カテゴリの「works作品紹介」をクリックしてください

FC2カウンター
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
電力使用状況&電気予報ブログパーツ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。