スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘆きのテディベア事件

2011/05/09 Mon



『わたしはブラッドリー・ライオン。元殺人課の刑事だ。テディベア作家の妻と田舎町で暮らしている。
今日は妻の晴れ舞台“テディベア・フェスティバル”の日。貴重な“嘆きのテディベア”もオークションに出るらしい。
ところが出発直前我が家の敷地で死体を発見。
わたしは殺人と断定したが、なぜか保安官は事故と断定。
テディベア大好き元刑事と愛妻のおしどり探偵シリーズ開幕。』(裏表紙より・創元推理文庫)

ふだんシャーロック・ホームズ以外推理小説を読まない私ですが、タイトルにつられ、裏表紙のあらすじにつられ、買ってしまいました。
この本は以前紹介したヴァンパイア・ホラー「モールス」の下巻を買いに行って見つけたのです。
「モールス」を面白く読み終えて、コンベンション終了までしばらく読書は控えようかな~と思っていたのですが、お出かけする用事ができて、待ち合わせのときなどの時間つぶしにもいいかな、と。

ぱらぱらと中を見た感じ、著者はテディベアが好きなのかな?と感じました。
ベアやショーに対して愛情を持って描写している感じ。
そして、テディベアがどうやって事件に絡んでいくのか?
読み進めていくのが楽しくなりそうです。

コメント

Secret

ever after

ever after Teddy Bear

Author:ever after Teddy Bear
テディベア作家です

少しリアル、少しファンタジックに…
大好きな絵本の世界から抜け出たようなベアを目指して、日々奮闘中です

クマ出没情報

●7月13日(土)・14日(日)テディベアwith friendsコンベンション@東京国際フォーラム たくさんの方にお越しいただきありがとうございました

●11月20日~12月3日 池袋西武Bear Labo キツネだらけの展示会です!

●ほか、日程が決まり次第順次追記します

●そのほかベアに会えるところ→清里「テディベアメイフェア」、神戸「タイムロマン」

●作品のみご覧になりたい方は、カテゴリの「works作品紹介」をクリックしてください

FC2カウンター
カレンダー+最終更新日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
電力使用状況&電気予報ブログパーツ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。