スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験的要素

2011/09/26 Mon

最近、こんな感じの写真ばかりでごめんなさい。
さらには2号だのレプリカだのばかり作っておりますが、こちらはフォレスト君レプリカです。



頭はまだスタッフィング途中で、先に手足を合体させました。
最近はこういう制作スタイルに変化してきました。
以前はすべてのパーツをきっちり仕上げてから一気にジョイント!っていう作り方でした。
でもジョイントしてから頭をもう少し綿入れしたい~と思うことが多々あって、何回かジョイントを取り外したことがあったので、じっくり頭に綿を入れてからジョイントすることにしました。

コンテストのフォレスト君の反省を生かしつつ、実験的要素も含んだ制作です。

手足のパッドにはever afterベアとしては初めてリアルレザーを使いました。
といってもピッグスエードです。
とあるお店で見つけたこの革、ものすごく安くてびっくりしたのですが、巻物のようになっているのを広げて納得、傷だらけで部分的に変色していました。
手足のパッドなら充分とれるので、色合いも厚みもちょうど良かったし、買うことにしました。

私は、ベアのためにリアルファーやリアルレザーをわざわざ探すということはしませんが、こういう風に、もう商品になってしまっていて、なおかつ叩き売りみたいな状態になっているなら、救ってあげたいなあと思ってベアに使います。
もし違う生き物のかたちになって誕生しても、お店で見捨てられたように売られているよりは、動物たちも喜ぶのではないかなあ、と思うのです。

それと今回は鼻先にちょっとだけ木毛(ウッドウール)を使いました。
鼻先にウッドウールを使うと、かっちり仕上がりつつ鼻の刺繍が楽になる、というのを最近知りました。
できることならもっと前に、粘土のお鼻にする前に知りたかった…。
でも、ちょうどウッドウールを少々持っていたので、かっちり具合が知りたくてチャレンジ。
まだ頭はスタッフィングの途中ですが、ウッドウールから綿に変わるラインなどなかなか難しかったです。
もう少し慣れが必要かもしれません。

そんな制作の裏側を紹介してみました☆

コメント

Secret

ever after

ever after Teddy Bear

Author:ever after Teddy Bear
テディベア作家です

少しリアル、少しファンタジックに…
大好きな絵本の世界から抜け出たようなベアを目指して、日々奮闘中です

クマ出没情報

●7月13日(土)・14日(日)テディベアwith friendsコンベンション@東京国際フォーラム たくさんの方にお越しいただきありがとうございました

●11月20日~12月3日 池袋西武Bear Labo キツネだらけの展示会です!

●ほか、日程が決まり次第順次追記します

●そのほかベアに会えるところ→清里「テディベアメイフェア」、神戸「タイムロマン」

●作品のみご覧になりたい方は、カテゴリの「works作品紹介」をクリックしてください

FC2カウンター
カレンダー+最終更新日
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
電力使用状況&電気予報ブログパーツ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。