スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書週間なんですね~

2011/10/28 Fri

昨日から読書週間なのですね。
ここ数年、ベア制作におわれて読書とは少し距離を置かざるを得なかった私ですが、今はバイトの休憩時間や、電車での移動中など、読書タイムが日常的にできてくるようになりました。

ここ一ヶ月で読んだ本は
・松本清張「砂の器」上下巻(説明不要の有名作ですね)
・小川洋子「猫を抱いて像と泳ぐ」(すごく良かった!おすすめです)
・藤本ひとみ「聖戦ヴァンデ」上下巻(もうちょっとで読み終わる)
です。けっこう読みましたね。

昔はデュマとか夏目漱石、三島由紀夫ばっかり読み漁っていたのですが、休憩中や移動中は娯楽性のある読み物でないと眠くなってしまうので…

「聖戦ヴァンデ」は昔読んだものを読み直したのですが、この小説はいつ読んでもおもしろいです。
フランス革命時のお話ですが、フランス革命=ベルばらという発想でしかなかったので、これを読んでいろいろと考えることも知りたいこともたくさんでてきました。

佐藤賢一さんのフランス革命シリーズに興味が出てきましたが、まだまだ刊行中なのでもう少し文庫で巻数がそろったら読もうかな。
なので佐藤賢一氏のほかのものを読もうと思ったのですが、ブックオフにもそろってなくて、今日本屋さんにも寄ったけどなかったのですー
上下巻の「下」だけあってもねー(=_=)

どうしようかなーと思っていたら、突然「羆嵐(くまあらし)」という本が目に飛び込んできて、これを買いました。
まだ暑かったころにアンビリバボーで見た、ヒグマが人間を襲った話…かなり衝撃的で、へたなホラー映画より恐ろしかった。
そのあとネットなどで調べたのですが、「羆嵐」は小説仕立てにしてあるので、読みやすそう。
クマ好きたるもの、熊のかわいい部分も恐ろしい部分も知っておかないと!

とりあえず次はこれを読みます。
西洋歴史小説を探していたのに、なんでだろ。

コメント

Secret

ever after

ever after Teddy Bear

Author:ever after Teddy Bear
テディベア作家です

少しリアル、少しファンタジックに…
大好きな絵本の世界から抜け出たようなベアを目指して、日々奮闘中です

クマ出没情報

●7月13日(土)・14日(日)テディベアwith friendsコンベンション@東京国際フォーラム たくさんの方にお越しいただきありがとうございました

●11月20日~12月3日 池袋西武Bear Labo キツネだらけの展示会です!

●ほか、日程が決まり次第順次追記します

●そのほかベアに会えるところ→清里「テディベアメイフェア」、神戸「タイムロマン」

●作品のみご覧になりたい方は、カテゴリの「works作品紹介」をクリックしてください

FC2カウンター
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
電力使用状況&電気予報ブログパーツ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。