スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大口真神

2012/02/20 Mon

昨日、制作の合間にネットでオオカミについて調べていました。

現在の制作作品からの現実逃避に、未来の制作について考える…頭の中は作ることばかり
(@_@)
今年は必ずオオカミを何らかの形にはしたいと思っているので、画像やいい本がないか調べていました。

そこでふと思い出したのが、先日タウン誌の取材を受けたときに、大和市内にニホンオオカミを復活させる会があると聞いたこと。
ネットで調べればわかると思いますよ、と言われて結局わからなかったのですが、静岡県に日本オオカミ協会なるものがあることを知りました。

協会事務の場所は伊豆…実家からなら行けない距離ではなく、う~ん、もう少し早く知っていれば…とちょっとがっかり。
でも昨年のアースデイのイベントに参加したらしいので、今年も参加されるのではないかと思い、期待しています。もしそうなら絶対ブースに遊びに行っちゃう。
伊豆は鹿の食害がひどいので、協会があるのも納得です。

そちらのホームページを見たあと、ニホンオオカミのことを少しネットで調べたりして、とても興味がわきました。

そうしたら、昨晩ETV特集で、「見狼記」という、オオカミ信仰についての番組を放送していました。
なんてタイムリーな!と思い、真剣に視聴。手も止まりっぱなし(!)。

秩父の地方で根強く残るオオカミ信仰の様子や、ニホンオオカミの血を引くオオカミ犬を掛け合わせで誕生させた人、今でもニホンオオカミが生き延びていることを信じて痕跡をたどる人…
そういったことが紹介されていました。

なかでも行ってみたいと思ったのが、飯館村にある山津見神社。
こちらは大口真神、つまりはオオカミをお祀りしていて、狛犬からしてもうオオカミでした。
神殿の天井も一面オオカミだらけ。
近い将来お参りしてみたい神社です。

そんなオオカミな一日でしたので、当然脳内はニホンオオカミを制作してみたい~!となったのであります。
でもこちらは今すぐではなくて…
とりあえず今年チャレンジするのは、シンリンオオカミのほうです。

コメント

Secret

その番組、見てました~!飯館の神社は、私も行きたいと思いましたよ。あの天井画、見たい!! ニホンオオカミは頭骨なんか結構ある割に、真面目な復原図があんまり無いのはなんででしょうね?

Re:renkaさま

さすがrenkaさん!おもしろい番組でしたよね~。
私は海辺の育ちなので、オオカミ信仰があることすら知りませんでした。反省。
そういえば、真面目な画がないですね…。剥製はあるのに。
ニホンオオカミ、復活して欲しい、できれば生き残っていて欲しいです。
そして三峰神社の宮司さんのあとを継ぐ方が現れますように。
ever after

ever after Teddy Bear

Author:ever after Teddy Bear
テディベア作家です

少しリアル、少しファンタジックに…
大好きな絵本の世界から抜け出たようなベアを目指して、日々奮闘中です

クマ出没情報

●7月13日(土)・14日(日)テディベアwith friendsコンベンション@東京国際フォーラム たくさんの方にお越しいただきありがとうございました

●11月20日~12月3日 池袋西武Bear Labo キツネだらけの展示会です!

●ほか、日程が決まり次第順次追記します

●そのほかベアに会えるところ→清里「テディベアメイフェア」、神戸「タイムロマン」

●作品のみご覧になりたい方は、カテゴリの「works作品紹介」をクリックしてください

FC2カウンター
カレンダー+最終更新日
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
電力使用状況&電気予報ブログパーツ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。